美人の為のフィロソフィー

オールインワンジェルのメリットとデメリット

今回はオールインワンジェルについて、そのメリットとデメリットを中心に紹介していきたいと思います。
そもそもオールインワンジェルとは、スキンケアに必要な化粧水やクリームや美容液や乳液などがすべてまとめて入っているというものです。

 

オールインワンジェルのメリットとは

 

オールインワンジェルはそれだけでスキンケアができるということが最大のメリットと言えます。
ですから、スキンケアのために化粧水、美容液、乳液、クリームなどをすべて塗っていく手間を省くということが可能になります。
手間を省くということと、時間を節約することができるんです。

 

さらには、いろいろなスキンケア商品をそれぞれ選んで購入するというという手間、スキンケア商品が無くなったらそれぞれ購入しなければならないという手間まで省けます。
また、お部屋にたくさんのスキンケア商品が並んでいるということも無くなりますし、旅行などに行く場合でもたくさんのスキンケア商品を持っていく必要がなく、オールインワンジェルひとつ持っていけばいいということもメリットと言えます。

 

さいごに、美容液、化粧水、乳液、クリームなどの様々な化粧品をすべて塗り続けてしまうとお肌への負担となってしまうこともあります。
ですが、オールインワンジェルならばそのような負担が少なくてすむということもメリットと言えます。
オールインワンジェルのメリットについては下記も参考になります。

 

オールインワンジェル人気のサイト

 

オールインワンジェルのデメリットとは

 

オールインワンジェルのデメリットは自分に合った使い方をすることができないということが最大のデメリットと言えます。
どういうことかと言うと、例えば、自分のお肌がカサカサ肌になっていて調子が悪いと感じたら、化粧水をしっかりと塗って、さらに乳液もしっかりと塗っておくというような自分なりの調整をすることをすることでしょう。

 

ですが、オールインワンジェルならば、そのような自分に合った使い方をすることができないので、カサカサ肌などお肌のトラブルが発生した時に対処しにくかったり、例えば化粧水を多めに使うなどの自分に向いているスキンケア商品の使い方をすることができないということがデメリットと言えます。

 

次にオールインワンジェルは美容液、化粧水、乳液、クリームをそれぞれ使うよりも効果が薄くなってしまうことが多いということがデメリットと言えます。
理由としては、スキンケア商品は順番に時間をかけてお肌に浸透させるということが必要なのですが、オールインワンジェルならばまとめてお肌に塗れてしまうので、それぞれ使うよりも効果が薄くなってしまうことが多いです。

オールインワンジェルは成分で選ぶ

オールインワンジェルは一つで幅広い効果を持つ便利で使い勝手が良い美容アイテムです。
今は色々なメーカーがオールインワンジェルを販売していて、種類も増え続けています。種類が豊富なのは嬉しいことですが、購入する時に迷ってしまいます。

 

まずはオールインワンジェルの成分をしっかりと理解するべきです。
成分が分かれば自分に必要なオールインワンジェルが分かりますし、目的に合わせてオールインワンジェルを絞り込んでいくことも可能です。

 

1.オールインワンジェルに含まれている成分について

 

ヒアルロン酸はほとんどのオールインワンジェルに含まれている成分です。
ヒアルロン酸は水分を保つ働きがあり、肌に潤いを与えるために欠かせない存在です。

 

また、日焼けなどによっても減少すると言われているので、UVカットも非常に大切になります。

 

コエンザイムQ10も美容には欠かせない成分です
。コエンザイムQ10はオールインワンジェルやアンチエイジング系の美容液に含まれていることが多い成分で、抗酸化作用があります。
活性酸素がたまると体は錆びついていき、老化のスイッチが入ってしまいます。
この老化のスイッチを食い止める働きをするのがコエンザイムQ10です。